FC2ブログ

こういう検証も楽しい。

3Dプリンターはプラスチックを溶かしながら
形を作っていく関係上、「糸引き」という問題が発生します。

自分が好んで使っているPETGという素材は糸引きが出やすいので
どの設定なら抑えられるか検証してみました。

温度設定検証1

これは出力温度でどのくらい差があるかを比べたもの。

左から215℃、220℃、225℃、230℃、240℃。

240は酷すぎるので途中で出力を止めました。
215と220は糸引きが無くて状態が良い感じがしますね。

これを踏まえて次の画像ですが

温度設定検証2

温度設定検証3

右はきれいに出力されてるのに対し
左はスカスカで明らかに成形不良。

これのそれぞれの温度は
右の成功が240℃
左の失敗は215℃。

最初の比較で糸を引かなかったのは
そもそも温度が足りず溶け切っていないだけ
ということのようです。

温度設定検証4

Thingiverseで見つけたモデルを220℃で出力。

糸引きは見られず、ヤスリがけなどの後処理無しでこの状態なので
かなり良く出力出来たと思ったんですが

温度設定検証5

よくよく見ていくと温度不足からくる接着ミスの
隙間があって強度に不安があります。

温度設定検証6

240℃で再挑戦。
220℃の方は時間の節約のため80%サイズにしてました。
左が80%で1時間半、右が100%で3時間。

極々細かい糸引きはあったものの
目立った成形不良は無く
かなりしっかりと出力されました。

温度設定検証7

まずツヤが全然違いますね。
きちんと溶けて密着している証拠です。

中が空洞になるように出力したので
おそらく中ではかなりの糸引きが発生してると思いますが
見えなければ問題無しです。

以上の結果から、重視すべきは成形精度で
ある程度の糸引きは我慢して後処理でなんとかする。

今回、設定を詰められたことで
フィギュアの胴体に関してはイケそうだと感じています。

次はいよいよ髪ですね。
細かい凹凸がどうなるか見てみたいと思います。

出掛ける前の隙をみて

GW最終日ということで何か描いてみるかと
タイムアタック落描きしてみました。

ヒモ水着ラト

絵は30分、ブログの文章を書く方が
時間かかる気がします。

後々、CG集で陵辱シーンは山程描くと思うので
落描きはCG集には使わない簡単なもので。

皆さんに楽しんでもらえてると思えば
描く意欲も高まります。

さて、ついでというか

2Bフィギュア出力テスト1

2Bフィギュアの出力テストをしてみました。

末端の細かい部分がどこまで出せるのか
見ておかないと全体の出力は怖いですからね。

2Bフィギュア出力テスト2

細かく見れば粗はありますが
爪の形も判別できる程度には出てるので
このサイズなら問題無く出力できそうです。

あとは髪ですね。
ちょっとずつテストを重ねていこうと思います。

描けば描くほど難しい

ルリCG集の1枚を描き終わったので
落描きタイム。

ゼオラっぱい

おっぱいの柔らかさを表現するには
まだまだ修行が必要みたいです。

置き場所だけは決めてある

3Dプリンター出力用の2Bの素体がだいたい出来ました。

2B 3Dプリント用素体1

一番の懸念材料だった髪はthingiverse
公開されているものを使わせてもらうことで解決。

首から下はDazStudioで作ってBlenderで修正。

2B 3Dプリント用素体2

細身だけどお尻の大きい体型を目指してみました。

まだどのくらいのサイズにするか悩んでますが
とりあえずは1/4スケール、2Bの身長が160cmとして
40cmぐらいで作ってます。

2B 3Dプリント用素体3

画像の箱枠が16cm四方で
うちの3Dプリンターの出力サイズなので
出力する際はあちこち分割することになりそうです。

2B 3Dプリント用素体4

ポーズや衣装はこれから考えますが
とりあえず出力までの目処が立ったので
一旦作業は止めて、CG集に集中しようかと思います。

このフィギュア作りはただの趣味なので
じっくりと時間を掛けて取り組んでいきます。

妄想は尽きない

ルリCG集もじわじわと進んでますが
あまり出しちゃうとネタバレになるので

フィギュア製作をどうしようか悩んでる
2Bさんで穴埋め。

フィギュア化のポーズで悩み

お尻を強調したポーズにもしたい。

とりあえず出力できる状態の3Dデータを作ってしまえば
ポーズ違いのフィギュアはいくらでも作れるので
ちまちまといじっていこうと思います。