FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

思いついたら動いちゃう

3Dでしろがね嬢を作ってみました。

3Dしろがね嬢 1

とはいえゼロから作ったのは顔だけですけど。
身体や髪はDaz Studioから出力してBlenderで加工。

3Dしろがね嬢 2

いい銀髪具合になったかなと思います。

3Dしろがね嬢 3

目は動かせますがまだ表情は付けられないので
徐々に改良する予定です。

顔だけなら数時間で作れることが分かったので
いろんなキャラに挑戦したいですね。

バナナやきゅうりも同じ作り方で。

思いつき3D化。
今回の題材は「肥後ずいき」です。

肥後ずいき 3D化

ここに来られてる方はご存知だと思いますが
古の性具、天然素材で出来た大人のおもちゃですね。
今でも専門店があって販売されてるようです。
お店で調べたところこのタイプは「極太極長」で
なんと全長30cm。デカすぎです。

さて、今回は写真を元に3Dモデルを作る方法です。

肥後ずいきの作り方 1

写真を下絵に表示させ、アウトラインをなぞります。

肥後ずいきの作り方 2

そのラインをスクリューモディファイヤで回転。
もうそれっぽい形になりました。

肥後ずいきの作り方 3

さらに写真に沿うように全体を微調整。

肥後ずいきの作り方 4

写真をそのままテクスチャに適用して完成です。

人体実験

ア:「いやぁっ 変なの入れないでっ」
レ:「催淫効果があるらしいの。 何か感じる?」
ア:「そんなの分かんないわよ! いいからもう抜いてよっ
  これ大きすぎて・・・」」
レ:「もう1本入れてもいい?」

綾波さん達用に作ったわけではないですが、せっかくなので1枚。
モデル作りより場面作りに時間がかかります。

怒られるような気がしないでもない。

また気晴らしに、話題のフィットネスマシンを
3D化してみました。

スクワットマシン

前にCMで見て「コレはキテるな」と思っていたのを
ふいに思い出し、絵描きが一段落したところで着手。

正しい使い方

本来の使い方はこう。
マシンのスプリングを利用して楽にスクワット。
楽したら意味が無い気もしますが
お尻で杭を打つような動きはナイスです。

特殊アタッチメント1

そして今回は特殊アタッチメントも付属。

特殊アタッチメント2

とりあえず3種作ってみましたが、出番は2種だけ。

入りすぎないストッパー付き

お尻を激しく上下させても
深く入りすぎないストッパー付きで安全に楽しめます。

リズミカルに上下に

退屈なフィットネスも刺激のあるものに。
更に進化したアタッチメントも開発中?!

ちょっとの息抜きのつもりで作り始めましたが
1日使ってしまいました。
でもまあ、想像通りのものになったので良しとします。

明日からはまた絵描きに戻ります。

つい作ってしまいました。

コメントにトンネルアナルプラグという面白いワードがあったので
作ってみます。

こういう左右対称な回転体は作るのが非常に簡単です。

回転体の作り方1

まず平面に断面図を描きます。

回転体の作り方2

モディファイヤの「スクリュー」を適用。
完成。
焼き物を作る「ろくろ」の要領ですね。
10分ぐらいで出来ました。

回転体Cyclesレンダリング

Cyclesでレンダリング。
1280×960 300サンプルで1分14秒。

回転体Eeveeレエンダリング

Eeveeでレンダリング。
1280×960 1秒30。

圧倒的な速さのEevee。
でも透明なものは苦手なようで、クオリティはCyclesに遠く及びません。

どう使う?

ア:「こんなのも転がってたけど、何に使うの?」
レ:「・・・あとで教えてあげる」

責めシーンを作るなら背景もそれ用のが欲しいところですね。
あり物を使うか自分で作るか。

次々と色々イジれるのが性に合ってるんだろうなぁ

3Dはほどほどにと言っておいて3Dのお話です。

以前出先で見かけて3Dの資料に欲しいと
買っておいたガチャポンの天狗の面。

ガチャポンの天狗の面

Blender2.8に慣れるための練習も兼ねて、モデリングして3D化させたいと思います。

なんでも始めは立方体

まず何を作る場合でも大体は立方体からスタート。

ここまではいつもの作業

これを半分にして左右ミラー化させます。
これで片側のみの作業で済みます。

天狗の顔造形1

現物をよく見て形を作っていきます。

天狗の顔造形2

頂点移動、ループカット、ナイフ等を使って形を整えます。

天狗の顔造形3

大体形になってきたら

鼻を追加

鼻も同様に立方体から作ってバランスを見ます。

全体のバランス調整

さらに細部を作っていく前に

色塗り

色を塗って形を把握しやすくします。
UV展開してベタ塗り。
Blenderはモデルに直接塗れるので作業が早いです。

天狗の面 完成

あとはより細部を詰めて、マテリアルで質感を調整したら完成。
ガチャポン版はつや消し仕上げでしたが
お面なので塗り物っぽい仕上げにしてみました。

Blender2.7にはあったのに2.8に無い機能もあったりして
探り探りの作業でしたが、4時間ぐらいで出来ました。

興味津々

興味津々な2人。
ア:「ちょっと、何よそれ」
レ:「誰かの忘れ物みたい」
ア:「へ~、そうなんだ、ふ~ん」

作ろうと思えば何でも作れそうですが
また興味を惹かれるものが見つかったら挑戦してみます。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。