FC2ブログ

覚えた技術の有効利用

今描いてる絵で、小物がいい具合に描けないなぁと思ってたところ
そういえばClip studio paintは3Dモデルを読み込んで
下絵に使えるんだったと思い出し
ガイド用に3Dモデルを作ってみました。

3Dスツール

背もたれの無いタイプの椅子、スツールと言われるものですね。

こういう左右対称なものはミラーリングという機能を使えば
左右ミラーリングと前後ミラーリングで
全体の4分の1、脚1本分を作るだけであとは自動生成されるので
非常に簡単。

3DモデルをClip Studioにインポート

出来たファイルをClip studioに読み込み。

Clip studioの3D機能はほとんど使ったことがないので
操作を把握するのに手間取りましたが
なんとか想定していた形にはなりました。

どこに使ったかは完成したCG集でご確認ください。

それと、今回作った3Dモデルを配布しようと思います。
あくまでガイド用でかなりザックリと作ったので
需要も無いと思いますが、お役に立てば幸いです。

スツール 3Dモデル Obj形式

また思いつきで何か作ったら
公開していきたいですね。

どんなものでも組み合わせ可。

3D綾波さんの表情バリエーションを制作してました。

3D綾波さん 表情制作1

3D綾波さん 表情制作2

うちの絵っぽい顔を作れるように調整中。

キャラ、舞台、小道具と色々揃ってきたので
1本作りたいなと考えています。

とりあえず舞台は学校。
制服と体操服がメインで
内容はまだ漠然としか頭にありませんが
こんなことをさせて欲しいというのがあれば
遠慮無くご意見をお寄せください。

小道具も色々作りたいところですが
何を使ったら面白いかなぁ。

なかなか成果を発表出来てませんが

ダメと言われるとやりたくなるのが人の性。

当たり判定実験

パーティクルの当たり判定実験。
弾ける感じはいいんですが
まとわりつく感じは出ませんね。

本当なら流体シミュレーションを使うべきなんですが
こういう小さい穴からの流れがうまく作れなくて
代替としてパーティクルを試してる最中でした。

流体シミュは粘度を調整出来るので
色々作れて面白いですけどね。
半固形の物がボトボト落ちる感じとか。

もっと理解を進めて表現の幅を増やしていきたいですね。

思いついたら動いちゃう

3Dでしろがね嬢を作ってみました。

3Dしろがね嬢 1

とはいえゼロから作ったのは顔だけですけど。
身体や髪はDaz Studioから出力してBlenderで加工。

3Dしろがね嬢 2

いい銀髪具合になったかなと思います。

3Dしろがね嬢 3

目は動かせますがまだ表情は付けられないので
徐々に改良する予定です。

顔だけなら数時間で作れることが分かったので
いろんなキャラに挑戦したいですね。

バナナやきゅうりも同じ作り方で。

思いつき3D化。
今回の題材は「肥後ずいき」です。

肥後ずいき 3D化

ここに来られてる方はご存知だと思いますが
古の性具、天然素材で出来た大人のおもちゃですね。
今でも専門店があって販売されてるようです。
お店で調べたところこのタイプは「極太極長」で
なんと全長30cm。デカすぎです。

さて、今回は写真を元に3Dモデルを作る方法です。

肥後ずいきの作り方 1

写真を下絵に表示させ、アウトラインをなぞります。

肥後ずいきの作り方 2

そのラインをスクリューモディファイヤで回転。
もうそれっぽい形になりました。

肥後ずいきの作り方 3

さらに写真に沿うように全体を微調整。

肥後ずいきの作り方 4

写真をそのままテクスチャに適用して完成です。

人体実験

ア:「いやぁっ 変なの入れないでっ」
レ:「催淫効果があるらしいの。 何か感じる?」
ア:「そんなの分かんないわよ! いいからもう抜いてよっ
  これ大きすぎて・・・」」
レ:「もう1本入れてもいい?」

綾波さん達用に作ったわけではないですが、せっかくなので1枚。
モデル作りより場面作りに時間がかかります。