FC2ブログ

息抜きどころか大変な思いをしました。

CG集も作り終わったことだし
息抜きにとこんなものを作って遊んでました。

1/6 ウルトラマンスーツ Ver7.3 通称「セブン」。

セブン プラモデル 1

現在漫画連載中の「ULTRAMAN」のプラモデルです。

バンダイからも出てますが、これは中国メーカー製で
Amazonで見かけてかっこいいなと思ったので買ってみました。

セブン プラモデル 2

ちゃんと円谷さんからもライセンスを受けた正規品。

バンダイ製が1/12サイズで6千円、こちらは1/6で1万円と
大きいのにお得感もあったので。

一般的な1/144のガンプラとのサイズ比較。

セブン プラモデル 4

30センチ以上あるので迫力があります。

今回買ったのは未塗装の素組版といわれるもの。
塗装済み版はAmazon価格で2万5千円ぐらいだったので
手が出せず。

安く済ませた分、きちんと塗って完成させることを目標に。

説明書は中国語ですが、図解がしっかりしてるので
ほぼ問題無く組めました。

セブン プラモデル 3

パーツがゴツくてかなり力を込めないとハマらない部分もあって
ドライヤーで温めたりしながら組んでいきました。
胴体のボールジョイントが死ぬほど固くて苦労しましたね。
ぎゅうぎゅう押した指先が今でも痛いです。

元々塗装することを前提としたパーツ分けがされてて
ほぼマスキング不要。
マスキングしたのは刀身の塗り分けだけでした。

ランナーが30枚とパーツ数がかなりの量だったので
塗装は難しくないものの非常に面倒でした。

銀色の部分はサーフェイサーを吹いてから銀。
赤い部分はサフ、銀、そしてクリアレッドを上塗り。

頭部、胴体、脚部と部分ごとに完成させるように塗装していきましたが
1日3時間ぐらいの作業で各パートに2日かかりました。

セブン プラモデル 5

塗装面がざらついたりして仕上がりに不満はあるものの
塗って完成させるという目標は達成出来たので
満足しています。

CG集が終わったら作るぞという
CG集制作へのモチベーションアップにも
役立ってくれたので
次回また面白そうなものを見つけたら
利用していきたいと思います。

外からの意見は刺激になります。

たくさんのリクエストありがとうございます。

頂いたネタを見てて気になったので
検証してみました。

5歳児を身ごもったらどうなるのか?

原作に出てきた幼少時の綾波さんの身長が90cmくらいらしいので
それを参考にモデルを作って入れてみました。

5才児の収納方法

若干はみ出してますが
なんとか収まりそう。

5才児を身ごもった綾波さん

簡易的に球体でボテ腹を再現。
でかいです。

フィクションなので厳密に考える必要は無いのですが
イメージを固めるために知っておくのは大事かな、と。

あとは構図を考えて、良い出産シーンを描きたいですね。
ということでこのネタは描きます。

描きたい意欲があるうちにどんどん形にしていこうと思います。

作り終えた達成感に浸る間も無く

新CG集「少女倒錯調教」の販売が開始されました。

朝に登録申請して夕方には販売開始と
DLsiteさんはどんどん仕事が早くなってますね。
ありがたいことです。

早速おまけ希望メールも頂いてますが
バタバタして準備が整ってなかったので
明日から順次返信していこうと思います。
少々お待ちください。

より手軽に。

100均で使えそうなLEDライトを見つけたので

フィギュア撮影台2

以前買ったデッサン人形を撮影する際の
照明として設置してみました。

フィギュア撮影台1

単4電池1本使用(これも100均の充電池)でローコスト。
そういえば背景の白いボードも100均でした。

部屋を真っ暗にしても
スマホでこれぐらい写せるなら
十分じゃないでしょうか。

フィギュア撮影台3

光量を強弱の2段階で調整できますが
下のライトが弱でも強いようなので
もう少し位置調整とか工夫が必要そうです。

何のひねりも無いポーズですが
せっかく撮ったので参考にして
1枚描いてみました。

デッサン人形活用

見て描く分だけバランスは取りやすいですね。
ポーズ検討の時間が省けるのもいい。

もっと積極的に使って
色んなポーズに挑戦していこうと思います。

夏休みっぽい1日。

青森市で開催中の「エヴァンゲリオン展」に行ってきました。

エヴァ展外観

もう開催から1ヶ月過ぎてるんですが
友達が帰省してきたタイミングで
行ってみるかということに。

初号機ねぶた

撮影可能なのはロビーまでだったので
写真はちょっとだけ。

エヴァ展展示物2


エヴァ展展示物3

シンジくん・・・?

過去のイベントでもシンジくんが居ないという
レポートを見た気がしますが、やっぱり居ないんですね。

メインの展示は原画や設定画の実物展示ということで
1枚1枚じっくり時間を掛けて見たいところでしたが
お盆休みということもあって結構な人出で
人の流れに合わせて次々見る感じになって
あっという間でした。

一連の原画の迫力は凄かったです。
あの緻密さで映るのは一瞬という
あらためてアニメって大変だなと思い知りましたね。

展示の締めは物販コーナー。
たくさんの商品があったんですが
とりあえず地元とコラボのものをいくつか買ってきました。

エヴァ展で買ったもの

綾波さん津軽弁バージョンは南部人の自分にとっては
「なまり過ぎだなぁ」と感じますが
津軽の人には納得いくものなのかもしれません。

あと、ついでに七戸町で開催中の「タミヤ展」にも
寄ってきました。

タミヤ展 タイレルP34

6輪のF1カー、タイレルP34の実車が展示されてました。
撮影可能エリアはここだけ。

車やバイクのプラモデルにラジコン、あとはミニ四駆。

前回も見に来たんですが、飛行機や戦車の
ミリタリー系が少なくなってて
ちょっと規模が縮小された感じでした。

北の外れの田舎ですが
それなりにたまにイベントがあるので
また機会をみて行ってみようと思います。